プーケットで家族間の家庭内騒動で1人死亡、1人重傷

プーケット-

プーケットのムアン・ウィチットで家族間の喧嘩の後、1人が死亡、もう1人が重傷を負った。

ウィチット警察は午前8時30分に事件の通報を受けた。木曜日(18月XNUMX日)th)ソイモンコンサップにあります。警察、救急隊員、プーケットエクスプレスが現場に急行した。

彼らは現場に到着し、ウィチット在住のワチャリン・ケウプラサップさん(63)の遺体を発見した。遺体には5カ所の刺し傷が見つかった。近くでは救助隊が血の付いたナイフも発見した。ピン・マッケオさん(62)は首に切り傷があり、血まみれで発見された。彼は重傷を負い、地元の病院に救急搬送された。

ウィチット警察署長チャトリー・チョーラウ大佐はプーケット・エクスプレスに対し、ワチャリン氏はピン氏の妻の兄弟であると語った。二人とも個人的な問題について以前に口論したことがあり、二人とも近くに住んでいた。木曜日、彼らは戦闘が始まる前に家から出てきて路上で暴行事件を起こした。

本稿執筆時点では、状況はまだ調査中です。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。