ロシア人、チャロン寺院で違法ツアーガイド容疑

チャロン–

ロシア人がシャロンの寺院で違法なツアーガイドを務めた疑いが持たれている。

観光ガイド局とプーケット観光警察の職員が、プーケット・ムアンのシャロンにあるプラヤイ寺院(大仏寺院)を視察した。

警官がツアーガイドの登録状況を確認したところ、ツアーガイドとして働いていたタイ人ツアーガイドが免許証を持たないことが判明した。一方、ロシア人が発見され、違法ツアーガイドとして活動した疑いが持たれている。しかし、警官らはロシア人を逮捕するのに十分な証拠を持っていなかった。ただし、両者とも入国管理システムに詳細が記録されています。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。