国内線のタイ人以外の乗客に新たな規制が導入

プレスリリース:

タイ民間航空局(CAAT)は、国内線のタイ人以外の乗客に対する新たな規制を導入し、タイ観光局(TAT)は旅行者に対し、最新の搭乗券と本人確認規則を遵守するよう勧告した。

16 月 XNUMX 日より CAAT は、乗客の搭乗券に記載されている名前が政府発行の身分証明書に記載されている名前と正確に一致する必要があることを義務付けています。

受け入れ可能な搭乗券の形式には、航空会社のカウンターやセルフサービス キオスクで発行された紙版、航空会社から送信された PDF ファイル、航空会社のモバイル アプリや電子メールを通じてアクセスできる電子搭乗券などがあります。ただし、画面にキャプチャされた搭乗券は、空港の乗客認証システム、バーコード リーダー、またはスキャナーで認証されない限り無効です。

身元確認のため、タイ人以外の乗客は次のいずれかを提示する必要があります: パスポート原本、国連レッセパッサー、または国連または各国政府が発行した難民および亡命希望者向けの旅行書類。

パスポートまたは身分証明書を紛失した場合、乗客は緊急パスポート、緊急旅行証明書、タイ州行政局発行のタイ人以外の身分証明書、またはタイ陸運局発行の運転免許証を提示することができます。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。