先週のタイ国内のトップニュース: 花火工場の爆発で23人死亡 ほか

ここでは、先週、15年21月2024日月曜日からXNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!
  1. チェンマイにある尊敬される仏教寺院、ワット・チェンマンで外国人観光客2人が寺院の敷地内で日光浴をしているのが目撃され、その行動について懸念が生じている。

プラナコーン区役所は、バンコクのサナームルアンでビキニ姿の外国人観光客2人が日光浴をしている画像が拡散し、タイのソーシャルメディアで物議を醸したことについて国民に向けた声明を発表した。

チェンマイ観光警察は14月XNUMX日、チェンマイの旧寺院地区で水着を着て日光浴をしていた観光客XNUMX人を事情聴取し、その妥当性についてタイのソーシャルメディアで論争を巻き起こした。

この記事は過去 1 週間にわたってタイのソーシャルメディアを席巻しました。

2. 夫の虚偽の自白が衝撃的な展開を明らかにする:サケーオでの精神障害のある女性への残忍な暴行と殺人でタイの十代の若者が暴露される。

警察はパンヤ容疑者が犯行現場に存在しておらず、犯行に及んだのは5歳から13歳までの青少年16人であることを突き止めた。

3. タイ国営メディアは、スパンブリー県ムアンで花火工場の爆発事故が発生し、報道時点で死傷者23名、負傷者6名が確認されたと報じた。

タイメディアの報道によると、この花火工場は以前、30年2022月1日に爆発があり、4名が死亡、XNUMX名が負傷した。

4. サマエダム警察は、バンコクのバーンクンティアン、ソイ2のラマ72世通りで、クレーンのスリングが切れて建設作業員XNUMX名が死亡、XNUMX名が負傷したという事故報告を受けた。

犠牲者2人はメカトロニクス技術者だった。

5. バンコク〜チェンマイ間から来た電車がチュムセン地区でトレーラートラックと衝突し、電車の運転士が現場で死亡が確認された。

身元不明のトラック運転手を含む他の6人が負傷した。

今週はここまでです、ご安全に!
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。