パンガーの海岸で漁網に引っかかった巨大なオサガメが死んでいるのが発見される

パンガー–

タイムアン地区の海岸で、巨大なオサガメが漁網に絡まって死んでいるのが発見された。

カオランピ・ハット・タイ・ムアン国立公園の責任者、プラロップ・プレーンガム氏はプーケット・エクスプレスに対し、月曜日(22月XNUMX日)、国立公園区域内の海岸でウミガメの死骸が発見されたと地元住民から連絡を受けたと語った。 。

彼らは大きなメスのオサガメを見つけるためにビーチに行きました。体長は181センチで、亀は腐敗し始めていた。カメには漁網が絡まっていたのが見つかり、公園当局はこれが死因とみている。

オサガメは絶滅の危機に瀕しており、タイでは保護動物に指定されている。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。