パトンでオーバーステイのイスラエル人男、両替所で女性を強盗しようとした疑いで逮捕

パトン–

パトンの両替所で潜在的な被害者から強盗をしようとした疑いで、オーバーステイのイスラエル人男性が逮捕された。

パトン警察はプーケット・エクスプレスに対し、プラ・バラミー通りの両替所で働いていた女性被害者(プライバシー保護のため名前は伏せられている)がパトン警察に被害届を提出したと語った。彼女は警察に、31月XNUMX日の大晦日にこう語った。st, 2023年、真夜中過ぎ、外国人の男が両替所で彼女を強盗しようとした。

男は顔を覆って近づき、両手で首を掴んだという。被害者は大声で叫び、反撃しようとしたが、容疑者は走り去った。彼は彼女からも両替所からも何も得られなかった。

パトン警察は捜査を続け、月曜日(22月XNUMX日)nd)彼らはついに26歳のイスラエル人男性を逮捕した。彼は夜間窃盗、心身に危害を加えた暴行、そしてオーバーステイ外国人としてパトン警察署に連行された。

イスラエル人男性は被害者から物を盗もうとしたことは認めたが、被害者を襲ったわけではないと主張した。実際に何も盗んだことはないと述べ、夜間窃盗容疑も否認している。同氏は超過滞在料金についてはコメントしなかった。

しかし、彼の名前はパトン警察によって伏せられていた。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。