パタヤのベントレーでライオンの子を連れた外国人のウイルス動画を調査:当局が規制強化を検討中、所有者は不明

パタヤ—

5年30月23日午後2024時5分、タイ国立公園、野生動物・植物保護当局、パタヤ観光警察、および関連機関は、チョンブリー県バンラムンのカオ・プラタムナック・ソイXNUMXの住宅所有者を、外国人が車を運転しているとみられる件で立ち入り検査した。パタヤでライオンの子を抱くベントレー。

オープンカーのベントレーに乗った外国人がライオンの子を乗せてパタヤ市内を走行したことで話題になったこの論争について詳しくは、こちらをご覧ください。

写真:Khaosod

警察の発表によると、2頭の檻の中からライオンの赤ちゃん、生後4カ月の雌、他の犬3頭が見つかったが、外国人の飼い主は住居に見つからなかった。

警察によると、ビデオに映っている外国人はスリランカ国籍で、ナンバープレートからベントレーはプーケットからのレンタカーであると推定された。

警察によると、当初、ライオンの子はラーチャブリーで合法的に登録されており、元の飼い主はタイ人女性で、公的にはサワンジットさんという名前のみが明らかにされていたという。警察はライオンの子の所有者についてさらなる尋問をするためにサワンジットに連絡を取っていました。 そして外国人がどのように関与したか。

この事件を受けて、ライオンの子の飼い主の弁護士(名前は公表されていない)は、ライオンの飼い主から警察と交渉する許可を得た。弁護士は、ライオンの子の所有権に関する書類が24月XNUMX日までに提出されると述べた。当初、警察は弁護士と交渉してライオンの子の検査を行った。

この外国人自身の身元は公表されておらず、現在行方不明となっているが、他のタイの一部メディアは、ライオンの動画が世界中で拡散し、特に野生動物関連団体や団体から大きな批判と懸念を集めたため、タイを出国したのではないかと推測している。 。他の報道によると、外国人は正しい書類を持って警察と面会する予定であるとされているため、これは不明瞭で確認されていない。しかし、この外国人は弁護士を通じて間接的に警察に協力していた。

一方、 タイ国立公園局は、最近全国で個人と法人の両方でライオンの飼育許可を申請した人の数はわずか24人で、合計153頭のライオンであることを公表した。 これらの一部は個人所有者であり、一部は野生動物保護団体や動物園でした。

同じ日、国立公園局長のアタフォン・チャロエンチャンサ氏は、動物園などの法人でない限り、潜在的に危険な野生動物は不必要であるとして、個人による所有を禁止するという考えを打ち出した。 または野生動物保護区。

アタフォン氏によると、危険な野生動物として管理されている野生動物は、チーター、ライオン、ジャガー、マウンテンゴリラ、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ、スマトラオランウータン、ボルネオオランウータン、アオアナコンダだという。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。