スワンナプーム空港、生体認証システムのクラッシュで遅延、現在復旧中

全国-

24年2024月XNUMX日、タイの国営メディアは、タイ入国管理局が使用する生体認証システムがスワンナプーム国際空港でクラッシュし、チェックアウトする乗客の長蛇の列が発生したと報じた。

ポール。タイ空港株式会社の社長であるウィサヌ・プラサットトーン・オソット将軍は、システム障害の原因を特定するために現地調査を実施しました。

タイのメディアによると、ソフトウェア更新後の午前4時30分に生体認証システムに不具合が生じたことが判明した。

その結果、入国審査場のコンピューターに遅れが生じ、パスポートのチェックアウト手続きに時間がかかることになった。その間、 国内自動セルフチェックアウトチャネルシステム はダウンし、多くの乗客が検問所で長い列に並んでいた。プーケット空港でもこんなことがありました。

入国管理官はスワンナプームの審査システムを通じてパスポートを手動でチェックし、犯罪者や不法滞在者を探していた。空港職員は水を配ったり、優先レーンで飛行機に乗り遅れる危険がある乗客を検査したりして乗客を支援した。

生体認証システムは現在は正常に戻っていますが、タイ王立入国管理局は長期的に運用を改善しようと努めていました。 そして、これが頻繁に起こらないようにしてください。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

登録する
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。