ナコーンシータマラートからの行方不明の中国人観光客がパンガン島で発見される

スラートターニー–

ナコーンシータンマラートで行方不明になっていた中国人女性観光客がスラートターニーのパンガン島で無事発見された。

ナコーンシータンマラート市警察は今週初めにこの事件について通報を受けた。 32歳の中国人男性旅行者が警察に行方不明届を提出していた。彼は警察に対し、孫夫人(27)とだけ特定される中国人女性の友人が行方不明であると語った。彼は以前、ナコーンシータマラートのチャンクラン地区にあるホテルで彼女と一緒にいた。

彼と他の中国人女性友人2人はホテルを出たが、孫さんとは街中を旅行するため別れた。彼らはパンガン島への旅行を市内のバスターミナルで予約した。

しかし孫夫人はバスターミナルには来なかった。彼らは彼女に連絡を取ろうとしましたが、失敗しました。彼らは市内のホテルにチェックインして一晩彼女を待ち、その後警察に通報した。彼らは彼女が危険にさらされるのではないかと心配した。

警察はチャンクランのホテル、市内のバスターミナル、ナコーンシータマラート空港の監視カメラ映像を調べたが、彼女を発見することはできなかった。翌日、彼らはついにサン夫人に連絡を取り、彼女がスラートターニーのパンガン島で別の友人グループとともに無事であることを確認した。

彼女がナコーンシータマラートからファンガン島までどのように移動したのかは明らかではない。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。