パッタルン、過去43年間で最悪の洪水に見舞われる

タイ南部パッタルン –

地元住民によると、パッタルンは過去43年間で最悪の洪水に見舞われたという。

木曜日(25月XNUMX日)に何時間も降り続いた大雨の後th)、バンタット山脈からの鉄砲水がパッタルンを襲った。 7つの村と多くの畜産場が浸水した。

特にコンフラ、スリ・ナカリン、タモド地区では、500世帯以上が洪水の影響に苦しんでいる。スリ・ナカリン州ラムシン地区では水位が最大XNUMXメートルに達し、地元の道路が洪水で通行止めとなった。

この地域の地元住民、ソムキット・チョンピタクさん(69)は、43年前にも大洪水があったが、今回は以前よりもさらにひどいと語った。

地元当局は州内の浸水地域を視察し、洪水被害者を支援した。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。