クルーズ船の外国人乗客4,000人以上がサムイ島に到着

サムイ島、スラタニ –

クルーズ客船の外国人乗客4400人以上がスラートターニーのサムイ島に到着した。

スラートターニー広報部は今週、ドイツのクルーズ客船「マイン・シフ5」とイタリアの客船「アイダベラ」がナトンビーチ近くの桟橋に到着したとタイのメディアに報じた。

メイン・シフ2,500号には5人の外国人乗客が、アイダベラ号には1,998人の外国人乗客がおり、彼らは日帰り旅行で島を訪れました。

関連記事:

スラートターニー県のサムイ島では、今年47隻のクルーズ客船が島に寄港する予定で、乗客数は推定25,000万XNUMX人となり、観光客の急増が見込まれている。

サムイ島観光当局によると、昨年は37万人以上がサムイ島を訪れ、XNUMX億バーツ以上の収益を上げたという。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。