先週のタイ国内のトップニュース: 生体認証システムのクラッシュで空港が遅延、その他

ここでは、先週、22年28月2024日月曜日からXNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!

  1. バーンクンティアンの建物の冷凍庫内でバラバラになった遺体が発見された。

捜査員はベッドの下で電動ノコギリを発見した。伝えられるところによると、容疑者は以下に見られるようにその後タイを出国した2人のインド人男性であった。

2. バンコクでミャンマー人男性が惨殺された事件で、インド人容疑者らがインドに逃亡。

彼らは、移民労働者を対象とした人材紹介会社のインド人オーナー、スンダラベル・プラガディーシュ・クマール氏(23)とインド人の共犯者グナラン・デイヴァシガマニ氏であると特定された。彼らに対してインターポールの緊急警報が発令された。

3. タイの国営メディアは、タイ憲法裁判所が、前前進党党首で首相候補のピタ・リムジャルーンラット氏がメディア会社ITV plcの42,000万XNUMX株を保有していた件について、評決を発表する公聴会を予定していると報じた。

ピタ氏は国会議員としての仕事に戻り、無罪となった。

4. タイの国営メディアは、タイ入国管理局が使用する生体認証システムがスワンナプーム国際空港で墜落し、チェックアウトする乗客の長蛇の列が発生したと報じた。

多くの乗客が検問所で長い列に並んでいた。プーケット空港でもこんなことがありました。

5. トラート沿岸水産養殖研究開発センター(CARDC)は、トラート島クッド島レームティアン地区から16マイル離れた場所でスピードボートがサンゴ礁に衝突し、難破したという緊急報告を受けた。

観光客12名と乗組員3名は無事に救出され、GEコ・クッド病院に搬送された。

6. チェンダオの警察は、チェンダオ、チェンマイの囲いの中でツキノワグマに餌を与えた際に腕を失ったスイス野生生物財団のボランティアの通報を受けた。

ツキノワグマは1993年以来チェンダオ野生生物財団で合法的に飼育されていたと報告されている。ボランティアは逃げるために自分の腕を切り落としたと伝えられている。

今週はここまでです、ご安全に!

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。