AOT がアンダマン空港の建設を加速

プレスリリース:

タイ空港公社(AOT)は、タイ南部地域の長距離直行便のハブとして構想された新しいアンダマン国際空港の建設を急いでいる。
スリヤ・ファンロンルアンキット運輸大臣は最近、プーケット第二の空港となる予定のパンガー県の空港の進捗状況を視察し、地元の交通インフラを強化する措置を開始した。

 

アンダマン国際空港の開発は現在第 18 段階にあり、プーケット空港を補完するように設計されています。両空港が運営されれば、合わせて年間最大 12.5 万人の乗客を処理できると予測されており、現在プーケット空港だけで管理されている XNUMX 万人から大幅に増加します。

 

計画では、アンダマン国際空港は長距離国際線の直行便に重点を置き、プーケット空港は国内線と短距離国際線を運航する予定です。スリヤ氏はまた、乗客の利便性を高めるために、2つの空港を結ぶ陸上交通インフラの改善の必要性を強調した。

 

AOT副局長のキラティ・キトマナワット氏は、AOTは運輸大臣の指示に基づいて行動すると述べた。 23.4 つの空港は約 20 キロメートル離れており、サラシン橋を経由すれば空港間の移動は XNUMX 分未満です。

 

プーケット空港には 25 本の滑走路と 20 のエプロンがあり、現在 2031 時間あたり最大 XNUMX 便のフライトが運航されています。この容量を拡大する計画はスペースの制約によって妨げられ、第 XNUMX 空港の建設が決定されました。航空センターの報告書によると、アンダマン国際空港は XNUMX 年に開港する予定です。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。