プーケットにオーバーステイしていたオーストラリア人、ついに帰国

プーケット-

プーケット当局者によると、ビザの期限を過ぎて滞在していたオーストラリア人男性が、経済的な問題に直面した後、ようやく帰国したという。

プーケット観光警察はプーケットエクスプレスに対し、今週初めにプーケット国際空港国際線出発ターミナルの広報カウンターに酒に酔った外国人男性がおり、オーバーステイと経済的困難のためタイ出国に困難を抱えているとの通報を受けたと語った。 。

同容疑者は44歳のオーストラリア人男性とのみ特定された。彼は自宅に戻る試合の切符を持っていたが、空港のプーケット入国管理局は、彼がビザを22日間超過して滞在していたことが判明した。彼はオーバーステイとして500日あたり11,000バーツ、合計8,000バーツを支払わなければならなかったが、財布が盗まれたとされる後、手元にはXNUMXバーツしか残っていなかったと述べた。彼は入国管理局に対し、これにより出国の例外が与えられることを期待して盗まれた財布について警察に通報を行ったと語ったが、入国管理官はこれは方針に違反すると述べた。

また、国際銀行口座からお金を引き出すこともできなかった。プーケット観光警察はオーストラリア総領事館に連絡し、銀行や親族への連絡を支援し、オーストラリア人男性は近くのホテルで待つようアドバイスされた。

幸運なことに、オーストラリア総領事館の援助により、男性はパスポートと入国情報に永久にオーバーステイのスタンプが押されることになるものの、入国管理費を支払って帰国するための資金を集めることができた。

男性はメディアに対し、3週間もオーバーステイした理由を説明しなかった。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。