スワンナプーム空港、旧正月期間中の旅客数の急増が予想される

プレスリリース:

スワンナプーム国際空港は、2.36月4日から16日までの旧正月祭り期間中に合計182,000万人の乗客が空港を利用し、XNUMX日平均約XNUMX万XNUMX千人が空港を利用すると予想している。

空港の推計では、国際線旅客数は到着・出発合わせて1.94万人、国内線旅客数は約417,000万32.73人で、前年比XNUMX%増となっている。

同空港はまた、この期間中のフライト数は約13,000便、990日平均19.99便と、前回の旧正月より10%増加すると予想している。これには追加便やチャーターサービスを要請している航空会社226社が含まれており、合計XNUMX便となる。

発着を合わせて最も追加便を要請した航空会社トップ73は、バンコクエアウェイズの42便、タイベトジェット航空の26便、上海航空の91.53便で、前年比XNUMX%増となった。

さらに、スワンナプーム空港は、旧正月中の旅行を促進するための運輸省の政策を実施しています。これには、要請に応じて政府機関や航空会社をサポートするための中国語通訳者の準備、店舗やレストランの経営者と協力して中国人乗客のサービス利用を容易にする中国語の標識の作成、乗客の円滑化における最大限の効率の確保などが含まれます。

同空港はまた、乗客が航空会社のカウンターで待たずにチェックインして荷物を積み込める代替手段を提供する自動チェックインシステムと自動手荷物預けシステムの利用を乗客に奨励している。

さらに、乗客は、「SAWASDEE by AOT」モバイル アプリケーションをチェックすることをお勧めします。これは、乗客が旅行を簡単に計画し、さまざまな空港サービスにアクセスして利便性と速度を高めるのに役立ちます。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。