タイ観光局、より多くの国に90日間のビザなし滞在を提案、西側諸国も対象

全国-

29年2024月90日、タイの国営メディアは、タイ観光庁(TAT)がタイ政府に対し、米国や欧州からの長距離観光客を対象にビザなし滞在期間を40日間に延長するよう要請したと報じた。 2024 年に長距離の国家収入を XNUMX% に引き上げる。

TAT欧州、アフリカ、中東、南北アメリカ担当副知事のシリパコーン・チューサムート氏は、長期ビザは平均滞在期間の延長に貢献し、1回の旅行当たりの支出を最大化するだろうと強調した。

タイは現在、米国、英国、ドイツ、フランス、スカンジナビア諸国を含む60カ国以上の国民に到着時の観光ビザを延長している。 しかし、これらのほとんどは延長のために入国審査へ行く必要があり、提案は特定の国からの到着者を対象とする現在ロシアと同様のプログラムとなるだろう。 タイに到着すると自動的に長期滞在が付与されます。

以前は、ほとんどの訪問者にはビザ申請が必要になるまでの 30 日間の滞在資格が与えられていました。

シリパコーン氏は、昨年90年2023月に一時的に100,000日間の滞在が許可されたロシア人観光客に対するビザ延長プログラムの成功を指摘した。60年には2023万人を超える外国人観光客がタイでXNUMX日間の滞在を許可するビザを申請し、その大部分がタイから来たものであると述べた。アメリカ、イギリス、スウェーデン、ドイツ。

シリパコーン氏は、プラスの経済効果を期待して、滞在期間を延長することで全国で少なくとも100万泊が生み出される可能性があると見積もった。 ホテルで。

TATはまた、年末まで延長されるその他の旅行者に優しい措置を国家観光政策委員会に承認を求めている。

これらの措置には、タイとマレーシアの国境検問所でのTM6フォームの停止、カザフスタン人観光客に対する30日間のビザなし滞在、ロシア人に対する90日間のビザなし滞在の継続などが含まれる。

シリパコーン氏は、10年に予想される外国人観光客2024万人のほぼ30%にあたる35万人の長距離観光客を誘致するというTATの目標を概説した。 2019年のパンデミック以前、タイは9万人の長距離観光客を受け入れ、外国人観光客総数23万人のうち40%を占め、その収入は総額33兆1.9億バーツのXNUMX%を占めた。

地政学的な緊張と経済的課題にも関わらず、シリパコーン氏は海外旅行が欧州旅行者にとって引き続き重要であると自信を表明した。この冬、タイへの長距離便はパンデミック前のレベルの80%に改善し、到着者数の予想増加に貢献しています。

TATは、国際航空会社に対し、スラートターニー、チョンブリーのウタパオ、クラビ、チェンマイなどの目的地にある混雑の少ない空港への新しい路線を開設するよう奨励する計画を立てていた。

シリパコーン氏は、ロシア、米国、英国、ドイツを含む一部の主要市場が今年観光客数1万人の大台を超え、ロシアの観光客数は2万人に達する可能性があると予想した。

一方、 中国とタイは最近、ここで取り上げたように相互ビザなし協定で合意に達した。

現時点では、これは単なる提案であり、処理されて発効するにはタイ内閣の承認が必要であることに注意することが重要です。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。