プーケットのバスターミナルのトイレで外国人女性観光客が男に性的暴行を受けた疑い - ビデオ

プーケット-

プーケットのバスターミナルのトイレ内で外国人観光客の女性が男に性的暴行を受けたとされる。

プーケット市警察は、5月00日水曜日の午前31時に善良なサマリア人から事件の通報を受けた。st) プーケット ムアンのラッサダ地区のテープ クラサトリ ロードにある新しいプーケット バス ターミナルにあります。

警察が現場に到着し、身元不明の善良なサマリア人を発見した。外国人観光客が彼に助けを求めてきた。観光客は、男が女子トイレに入り、性的暴行を加えようとしたと話した。

現場で撮影された監視カメラの映像には、助けを求める誰かの叫び声を聞いた僧侶がトイレに駆け込む様子が映っていた。正体不明の外国人女性観光客が走り出す前に、タオルを持った男性が出てきた。

警察は男はバス会社の従業員だとみて行方を追っている。しかし、警察が到着したとき、僧侶と観光客は現場にいなかった。伝えられるところによれば、この観光客はすでにスラートターニーのファンガン島に向けて出発していたが、警察は彼女と話をするために彼女を追跡しようとしていた。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。