プーケットとサムイ島は旧正月に観光客が急増すると予想

プレスリリース:

プーケット国際空港は旧正月祭り期間中の観光客の殺到に備えており、49,000月16日までのXNUMX日平均到着者数はXNUMX万XNUMX人と予想されている。

モンチャイ・タノド空港局長によると、13日間の期間中に外国人観光客640,000万人を含む推定計430,000万人が訪れるという。この空港には、国際線 3,915 便、国内線 2,298 便の計 1,617 便が就航する予定です。それ以来、空港は効率的かつ安全な運営を確保するための対策を強化しており、これにはよりリアルタイムな乗客追跡システムや、より迅速なチェックインのためのセルフサービスキオスクの導入が含まれます。

施設はまた、旧正月を祝うお祭りの装飾で飾られており、8月XNUMX日には特別なアクティビティが開催され、訪問者にお土産が配布される予定だ。モンチャイ氏は、出発のXNUMX~XNUMX時間前に空港に到着するよう出発の乗客にアドバイスし、空港の利用を推奨した。フライト情報は「SAWASDEE by AOT」アプリまたは空港コンタクトセンターにてご確認ください。

さらに、タイ観光局(TAT)は、ビザ免除制度と旧正月の祝賀行事により、サムイ島を訪れる中国人観光客が急増すると予想している。 TATのサムイ島ディレクター、カノキッティカ・クリトゥティコン氏は、138月1日に5,000人の行楽客を乗せた中国からの直行便が到着したことを指摘し、地元の観光に対するビザ免除政策の好影響を強調した。バンコク・エアウェイズは重慶と成都からサムイ島への直行便を増やし、週にXNUMX回、今月は少なくともXNUMX人の中国人観光客が島に来ると予想されている。

中国人旅行者にとってサムイ島の魅力は、旅行代理店 CTrip プラットフォームでバンコク、プーケット、チェンマイに次いで 4 番目に検索されている目的地としての地位によってさらに強化されています。この人気の一部は、サムイ島観光協会によるプロモーション活動と、地元と中国の観光事業者の協力によるものです。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。