先週のタイ国内のトップニュース: より多くの国への90日間のビザなし滞在の提案など

ここでは、先週、29年4月2024日月曜日からXNUMX月XNUMX日日曜日まで、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!

  1. スワンルアンの高校内で、朝礼後に14歳の生徒が別の生徒に刺され、死亡が確認された。クロンタン警察は、バンコクのスワンルアン市パタナカン14にある学校で別の生徒を刺殺した疑いで26歳の生徒を取り調べた結果を公表した。

    社会開発・人間の安全保障大臣(SDHS)のヴァラウット・シルパ・アルチャ氏は、バンコクのスワンルアンで14歳の学生が同級生を刺殺した大事件について公の場で議論した。

    2. スイス人男性、妻殺害を自白も事故だったと主張。警察はナコーン・ラーチャシーマーでの謎の失踪事件を捜査している。

警察によると、ローランドさんは行方不明になる前にオラタイさんと口論になったとみられる。

3. タイ憲法裁判所は、前進党(MFP)の不敬罪法改正の提案と取り組みは違憲であり、国の立憲君主制を転覆させる試みであるとの判決を下した。

MFPは立憲君主制の打倒や不敬罪法を取り消す意図を改めて否定し、ただ法律を改正したいだけだと主張した。

4. タイの国営メディアは、タイ観光庁(TAT)がタイ政府に対し、長距離路線の国家収入を増やすため、米国や欧州からの観光客を含む長距離観光客のビザなし滞在期間を90日間に延長するよう要請したと報じた。 40 年には 2024% に。

これらの措置には、タイとマレーシアの国境検問所でのTM6フォームの停止、カザフスタン人観光客に対する30日間のビザなし滞在、ロシア人に対する90日間のビザなし滞在の継続などが含まれる。

5. バンボール地区の運河にバスが転落し、少なくとも22人が現場で死亡が確認され、少なくともXNUMX人が負傷した。

サムットプラーカーンの地元メディアは、20人以上の乗客を乗せた社用バスがコントロールを失い、サムットプラーカーンのバンボー、200年の歴史を持つラタナコーシン通りの運河に転落した最近の事故について最新情報を伝えた。

今週はここまでです、ご安全に!

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。