タイ政府、PM2.5対策のため無塵室を導入

プレスリリース:

公衆衛生省は、リスクのある患者をPM30汚染の悪影響から守るために、2.5の州に「無塵」病室を設置する計画を発表した。この決定は、微小粒子状物質の影響により10,000人以上が影響を受け、過去1,407か月でXNUMX人が救急治療を必要としているという報告を受けたものである。

これらの特別室の対象となる県には、チェンマイ、チェンライ、ランプーン、メーホンソン、ピサヌローク、およびバンコク首都圏の地域が含まれており、高齢者、子供、妊婦、慢性疾患を持つ人々などの弱い立場にある人々を保護することを目的としています。喘息や心臓病など。

最近のデータは、全国的なPM2.5状況の悪化を浮き彫りにしており、44の州で安全基準値である37.5μg/m3を超えるレベルを記録している。バンコク首都局(BMA)は、バンコクの 2.5 地域で確認された不健康な PM26 レベルの重大な要因として、外部要因、特に隣国からの燃焼煙を特定しました。

汚染危機への対応として、バンコク知事のチャドチャート・シッティプントは、経済的制約によって引き起こされる農民による刈り株の焼却の問題を強調した。 BMAはトラクターとストローベーラーを農家に貸与する取り組みを開始し、焼却に代わる慣行を奨励し、稲わらブロックの販売による追加収入を促進している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。