タイの空港、3つの地方空港を改修へ

プレスリリース:

タイ空港局(AOT)は、タイ民間航空局(CAAT)による公共空港の認証の発行を待って、今年の第3四半期に3つの地方空港の運営を引き継ぐ予定である。空港局から移管されているウドンタニ空港、ブリーラム空港、クラビ空港の認証は、今年半ばまでに完了する予定である。

AOT理事会会長ポル・ジェン・ウィスヌ・プラサットトーン・オソット氏は、認証が得られ次第、組織はこれらの空港で開発プロジェクトを開始する予定であると述べた。 AOTはこれらの施設の開発に10.36億XNUMX万バーツの予算を割り当て、より多くの乗客と便を収容する能力の向上を目指している。

投資の内訳には、クラビ空港の旅客輸送能力を年間6.4万人に拡大し、運航便数を12時間あたり31便に増やすための3.5億バーツが含まれている。ウドンターニー空港は6.5億バーツを投資し、年間旅客数20万人、460時間当たり2.8便の運航能力まで拡大する予定だ。さらに、年間25万人の乗客とXNUMX時間あたりXNUMX便のフライトをサポートするために、ブリーラム空港にXNUMX億XNUMX万バーツが費やされる予定です。

AOTのケラティ・キジマナワット会長は、AOTによるこれら3つの空港の運営は政府の財政責任を軽減し、AOTが航空ネットワークを強化できるようになると述べた。これには、近隣の空港と協力してマーケティング キャンペーンを開始することが含まれます。運営管理が許可されると、AOT はこれらの空港の資産と人員も管理し、空港運営全体と乗客体験の向上を目指します。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。