スラートターニー島付近でニタリクジラ5頭発見

スラートターニー–

ムコ・アントン海洋国立公園内の島の近くで5頭のニタリクジラが目撃された。

ムコ・アントーン国立公園当局者は月曜日(5月XNUMX日)、プーケット・エクスプレスに次のように語った。th) タイプラオ島とワウ島 (カイト島) の間で、ツアーボートの乗組員と乗客によって 5 頭のニタリクジラが目撃されました。クジラは小魚の群れを食べていました。

かつてはニタリクジラが毎年19月から2021月にかけて国立公園区域に入るのが伝統だった。しかし、新型コロナウイルス感染症以降、海洋生態系は大幅に回復した。 XNUMX年以降、さらに多くの動物が国立公園エリアに侵入し始めています。公園職員はXNUMX年前にXNUMX匹、XNUMX年前にXNUMX匹、そして昨年はXNUMX匹を発見した。

ニタリクジラは、希少またはほぼ絶滅した水生哺乳類です。ニタリクジラはタイの保護動物に指定されています。ニタリクジラの存在は、海洋資源が豊富であることの指標としても考えられています。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。