タイは21月にXNUMX日間のソンクラーンを祝う?本当に?

ここ数日間、タイ政府は今年のソンクラーンが史上最大のソンクラーンになると発表するなど、一部のタイ人駐在員にまったくの恐怖を与えたと思われる発表が相次いでいる。

今回の発表では、 ここで取り上げた内容は、ユネスコがこのイベントを文化的世界遺産として正式に認めたことと関係しています。 タイはこのイベントを世界規模で観光客にさらに誘致したいと考えている。

具体的には、このイベントがタイ全土で1月21日から21日まで祝われるという声明は、多くのパニックと多くの混乱を引き起こした。これは主に、これがXNUMX日間の放水を意味すると多くの人が懸念したためである。

馴染みのない人のために説明すると、ソンクラーンは水かけ祭りとしても知られるタイの新年であり、タイ最大の祝日です。さまざまな文化的および宗教的な活動でよく知られており、タイ人に一年で最も長い休暇を与えてくれます。多くのタイ人、特にバンコクで働いている人にとって、この時期は故郷の家族に会うために故郷に帰る年に一度の時期です。

もちろん、特に観光地では、激しい水上格闘、コンサート、パーティーでも知られています…タイ当局はこの部分を軽視し続けていますが。とにかく、ほとんどの場合。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックのさなか、19年にフェスティバルは完全に中止され、2020年と2021年には水遊びと投げ込みが禁止され、宗教的行事のみが許可されたが、これはフェスティバルのこの部分を強く嫌う一部の読者を大いに喜ばせた(とはいえ、多くの観光客、特にソーシャルメディアのインフルエンサーや若い観光客に人気です)。

しかし昨年、水遊びが復活し、今年のフェスティバルにも組み込まれることになりました。実際、タイは水遊びが多くの観光客を惹きつけることを知っていて、基本的には大っぴらに水遊びを推進しています。正直に言うと、特に水遊びが約1週間続くパタヤに住んでいてフルタイムで働いている人にとっては、それは難しい期間になる可能性があります。

数カ月前、タイの著名な政府関係者らが フェスティバルは4月いっぱい続くと述べたが、これが1ヶ月も水をかけ続けることを意味するのではないかと再び批判とパニックが起こった。

基本的に、21日間のソンクラーンは新しいものではありません。タイのさまざまな地域では、さまざまな理由から、数十年にわたってさまざまな日にこの祭りが祝われてきました。たとえば、パタヤの重要な日は19月XNUMX日ですが、これは建国記念日後の国内観光を奨励する目的もあります。

ちなみに、公式の建国記念日は13月15日から16日までで、祝日はXNUMX日までとなる。 パタヤは例年通り、12日から19日くらいまで開催されると思われます。

21 日間という意味では、この背後にある思考プロセスは 21 日間の放水ではありません。むしろ、装飾、音楽、文化発表などが XNUMX か月間行われるクリスマスのように考えるのがよいでしょう。ソンクラーンの考え方も同様で、 1月21日からXNUMX日までタイ全土で企画されたイベントのほとんどは、宗教、文化、伝統遺産の側面に焦点を当てていた。

はい、水遊びは引き続き行われますが、タイ当局によると、それは公式日に限定され、3週間全体の期間ではありません。

だから、今のところ、 これはタイ全土で21日間放水されるという意味ではないので、読者は安心してほしい。 いずれにせよ、私たちの常連読者や海外在住者の多くは、国内外から大勢の観光客が到着する中、フェスティバル期間中は屋内に留まるか、タイを離れることを計画している可能性が高い。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。