政府がタイのASEAN5カ国にわたる国境を越えた観光促進を促進

プレスリリース:

政府は、「ワン・デスティネーション」として知られる統一目的地アプローチを採用し、タイを巻き込んだ国境を越えた観光推進プロジェクトを通じて双方向観光を促進する、ASEAN域内での競争力のある観光分野における協力の開始と能力強化を支持する。カンボジア、マレーシア、ラオス、ベトナム。

この取り組みを推進するための取り組みには、便利で安全なルートの検討、地元の潜在的な観光地の調査、ルート沿いの自動運転観光客向けの施設の確保などが含まれます。

政府は、上記4か国との協議に加え、タイとASEANの官民の観光分野での連携について、米国・ASEANビジネス評議会(USAABC)、世界旅行観光評議会(WTTC)とも対話を行ってきた。 。 WTTC は、量よりも質の高い観光の重要性と観光の持続可能な性質を強調しています。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。