タイ、旧正月期間中の観光支出が増加

プレスリリース:

バンコク、8 2月2024 – 世界大手の旅行サービスプロバイダーである Trip.com グループのデータによると、今年の旧正月 (CNY) のお祭り期間と 44.3 年の中国人民元の期間を比較すると、タイではインバウンド予約の総旅行支出が 2023% 増加することが明らかになりました。アウトバウンド旅行者は70.8%増加。

支出増加の理由の一部は、東南アジアからの旅行者が長距離旅行をするためである可能性があり、2024 CNY 期間には東南アジア (SEA) を越えて旅行する旅行者が増加します。昨年の人民元旅行の 72% は東南アジア内でしたが、これは半分強 (50.2%) に減少し、残りの半分はさらに離れた目的地を訪れています。

当然のことかもしれませんが、旧正月の祝日がある東南アジア諸国(シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ブルネイ)では、人民元の祝日がない国(タイ、カンボジア、ラオス)よりも人民元の週の旅行者数が増加しています。 、ミャンマー)。 CNY の週には、CNY の祝日がある国が SEA の全予約の 69.1% を占めますが、CNY の前の週の SEA の全予約の 59% を占めます。

市場全体にまたがるもう 40 つのトレンドは、予約期間の長期化とテーマパークの人気です。旅行者は現在、さらに前から旅行の計画を立てており、タイ発の旅行の予約期間は昨年に比べて 12 日から 51 日へと 18 倍以上に増加しています。これはマレーシアでも同様で、予約期間が 46 日から XNUMX 日に急増し、シンガポールでは XNUMX 日から XNUMX 日へと XNUMX 倍増加しました。

一方、テーマパークは、東南アジアからの観光客にとって最も人気のあるアトラクションのねぐらとなっています。香港ディズニーランドは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのあるタイ、シンガポール、マレーシアからの旅行者にとって最高の選択肢です。東京ディズニーランド;ユニバーサル・スタジオ・シンガポール;タイ旅行者の海外アトラクションのトップ 5 の残りを占めるのは、ワーナー ブラザーズ スタジオ ツアー東京 – メイキング オブ ハリー ポッターです。

Trip.com タイランドのゼネラルマネージャーであるダイアン・クイ女史は次のように述べています。「先週、タイ観光局と協力してスーパーワールドトリップ BOSS Live ライブストリームセッションをバンコクで開催し、100 日で XNUMX 億バーツの GMV を売り上げました。私たちは、特に最近タイ政府と中国政府の間でビザなし旅行協定が締結されたことにより、タイの旅行業界が今年も健全な回復を続けることを期待しており、世界中からより多くの観光客をこの美しい国に迎えることを楽しみにしています。 」

上記は、PR資料およびTPNメディアに記載されている組織による完全な許可および承認を得て発行されたプレスリリースです。 プレスリリースに関与する組織の声明、考え、意見は完全に独自のものであり、必ずしもTPNメディアとそのスタッフのものを表すとは限りません。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。