プーケットの男、ホテル予約詐欺容疑で逮捕

プーケット-

プーケット出身の男が、ホテルの予約で40人以上の被害者に約800,000万バーツの損害賠償をだまし取った疑いでメーホンソンで逮捕された。

サイバー犯罪警察はプーケットエクスプレスに対し、今週初めにプーケット在住のサントーン氏(37)のみを特定した容疑者を逮捕したと語った。タイ北部のメーホンソンで逮捕された。彼は歪められた情報をコンピュータシステムにインポートした詐欺の容疑で告発されている。

この逮捕は、タイ警察が40人以上の被害者から800,000万バーツ以上の損害賠償を求める告訴状を受け取った後に行われた。伝えられるところによると、サンソーン氏はさまざまな名前で多くの Facebook ページを管理していましたが、ページ上で実際のホテル名を使用することは避けていました。

しかし、サンソーン氏は実際のホテルの写真を投稿し、フェイスブックページに連絡してきた被害者に提供したとされている。同氏は被害者に対し、予約時に事前にお金を預けるよう求めた。被害者らがホテルに到着した際、予約が偽だったためチェックインできなかった。

サンソーン氏はすぐに嘆願書を発表しなかったが、本記事の執筆時点では拘留されたままだった

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。