観光客の急増:ビザ免除と直行便を受けてサムイ島への訪問者が増加

スラートターニー—

10年2024月2024日、スラートターニー県観光産業評議会会長のウィワット・チュエンバン氏は、XNUMX年XNUMX月とXNUMX月にサムイ島を訪れる外国人およびタイ人観光客の数が増加していることを公に明らかにしました。

中国人観光客に対するビザ免除後、中国の成都からスラートターニーへの直行便が672週間に25,000便運航された。ウィワット氏によると、台湾からスラートターニーへの直行便もあり、その結果、XNUMX軒以上のホテルの予約が急増し、XNUMX万XNUMX室が予約されたという。

188番目の観光チャーター便である台湾からの直行便では、XNUMX人の観光客が旧正月の祝賀期間中にサムイ島、パンガン島、タオ島などの人気観光スポットを訪れました。ウィワット氏は、これはスラートターニーの観光経済を大いに刺激したと述べた。

ウィワット氏は、2024年初頭には47隻の国際クルーズ船がサムイ島でツアープログラムを予約していたと述べた。 10月には18,486隻の国際クルーズ船が運航し、推定観光客数は45万XNUMX人で、XNUMX万バーツ以上の収入があった。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。