アルビノのオオムラクジラ、パンガーで再び発見

プレスリリース:

1月45日にプーケットのコーラル島沖で初めて発見された希少なアルビノオムラクジラが、パンガー県近くのアンダマン海で再び観察された。最近の目撃情報は、本土からXNUMXキロ離れた有名なダイビングスポット、リシュリューロックの近くであった。

最初に出現した後、海洋沿岸資源局と国立公園・野生動物・植物保護局がこのクジラの位置を特定しようと努力したにもかかわらず、最近の再発見まで捕らえられないままでした。この目撃はカセサート大学の講師で海洋専門家のトーン・タムロンナワサワット准教授によって「奇跡」とみなされ、タイ海域の大規模な調査が開始された。

通常の大村クジラは数頭発見されているが、この特定のアルビノクジラが最初の場所から約250キロメートル離れた場所で再出現したことは、これらのクジラの中では白皮症が稀であることから、同一個体であることを示唆している。

国際元旦と旧正月の両方にこのクジラが目撃されたという偶然は、トーン博士を含む多くの人々の興味をそそるものであり、これが大村クジラの生息範囲の理解と保護戦略の策定に役立つことを期待している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。