タイ、婚姻平等法に近づく

プレスリリース:

タイプライド委員会とLGBTQ+ネットワークは、バレンタインデーを機に同法案が緊急に審議されていることへの感謝と激励を表明する書簡を同委員会に提出した。

政府は、すべてのタイ国民の権利を回復し、LGBTQコミュニティから奪われた権利を取り戻すことを目的とした婚姻平等法の改正プロセスがすでに70%完了したことを示した。

婚姻平等法案委員会は慎重に進めており、委員会段階での検討はあと1カ月以内に完了する予定だと述べた。

法案は上院の議題で間もなく審議される準備が整うと予想されている。委員会は、平等な結婚はLGBTQ+コミュニティのメンバーから剥奪された権利であると認識し、パートナーが長年一緒に暮らしているにもかかわらず、依然として婚姻届を提出する権利がないことを指摘した。したがって、平等な結婚は緊急の課題であると考えられなければなりません。

タイ・プライドは、政府が今年末までに平等な結婚を確実に実施できるよう検討を急ぐよう要望を表明した。

平等婚法案の 4 つの草案は、結婚と家族に関するタイの法律に​​大きな進歩をもたらし、男女平等の拡大を促進することが期待されています。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。