オサガメ、タラーンのビーチに今年初の巣を作る

プーケット-

今年、プーケットで最初のオサガメの巣となったタラーンのビーチで、オサガメが産卵した。

海洋沿岸資源局(DMCR)は水曜日(14月XNUMX日)、プーケットエクスプレスに次のように語った。th)彼らは、マイカオ地区のホテルのスタッフから、マイカオビーチでウミガメの産卵の足跡を発見したと知らされました。

DMCRが海岸に到着したところ、幅約2メートルの母オサガメの足跡を発見した。カメの巣にはオサガメの卵が見つかった。

この地域は海水や悪天候の影響を受けておらず、巣は関連当局によって卵が孵化するまで保護され、監視されている。卵の数は数えていません。 DMCRは、ウミガメの赤ちゃんは約60日以内に孵化するはずだと述べた。

同様の記事:

今年1月、母親のヒメウミガメがプーケットのビーチで産卵した。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。