先週のタイ全国トップニュース:タクシン元首相仮釈放、その他

ここでは、先週、12年18月2024日月曜日からXNUMX月XNUMX日日曜日までに、パタヤニュース/TPNナショナルチームが選んだタイ全国のトップ記事を紹介します。

重要度は特にありませんが、発行日順に並べています。

始めて、トップ ストーリーが何であったかを見てみましょう!

  1. スラートターニー県のラージャプラバーダムでカヤック事故が発生し、英国人観光客が行方不明となった。

バーン・ター・クン地区のラジャプラバ・ダムでカヤックの事故により行方不明になっていた英国人観光客が、悲劇的に死亡しているのが発見された。

安らかに眠る。

2. タイ内閣は、12年2024月12日に特別祝日を追加することを承認しました。この決定により、伝統的なソンクラーン休暇期間が16月XNUMX日からXNUMX日までのXNUMX日間に延長されます。

全国各地で行われるソンクラーンイベントの期間は全体で 21 日間に及びますが、どこでも 21 日間水遊びが行われるわけではありません。

3. 20歳の学生活動家タンタワン・“タワン”・トゥアトゥラノンさんとその友人たちは、パホンヨーティン高速道路でシリントーン王女の行列中に車線を割り込むためにスピードを出し、クラクションを鳴らしたとして法的手続きに直面している。

警察は、タンタワンさんとその友人たちによる名誉毀損行為には正体不明のグループが支援していると考えていた。しかし、本稿執筆時点では確固たる証拠は提示されていない。

国防大臣のスティン・クルンサン氏は、学生活動家らがシリントーン王女の行列を妨害した事件を受けての施設の保護措置について理事会会議後、公に述べた。

この事件は、以下のプフケットのようにタイ全土で王女への支持を示す結果となった。

4. ルンピニー警察は、バンコクのクロントゥーイ、ソイ・スクンビット4にあるアパートでミャンマー人が巻き込まれた殺人事件の通報を受けた。警察の捜査が始まっても、カメルーンの容疑者2人は逃走したままだった。

警察は、バンコクのクローントゥーイにあるアパートの一室で外国人容疑者2人によってミャンマー人が殺害されたとされる事件の進展状況を明らかにした。

容疑者2人は逃亡し、法執行機関を避けるために国を飛び回っていると伝えられている。

5. タイは、タイ旅行中の事故に備えた外国人観光客を支援するため、50万バーツの医療資金提供を発表した。

補償範囲は、死亡の場合は1人当たり500,000万バーツ、事故傷害の治療の場合は最高300,000万バーツ、後遺障害、視力喪失、または永続的な臓器喪失の場合はXNUMX万バーツです。

6. 6年33月18日午前2024時XNUMX分、タイの国営メディアは、タイのタクシン・チナワット元首相がバンコクのバーンプラットにある「チャン・ソン・ラ」邸宅に到着したと報じた。

タクシン氏は虚偽の情報を流布した疑いで、第112条に基づく犯罪とコンピュータ犯罪法違反の疑いに直面していた。

タクシン氏は今のところ、執行猶予期間として6か月間邸宅に滞在している。

今週はここまでです、ご安全に!

この記事の元のバージョンは、親会社である TPN メディアが所有する姉妹ウェブサイトの TPN ナショナル ニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。