タイ運輸大臣、バンコク-プーケット便の航空券価格の高さに対処、ソンクラーン祭り前に値下げを約束

全国-

9年30月20日午前2024時XNUMX分、タイ運輸大臣のスリヤ・ファンロンルアンキット氏は、バンコク-プーケット線の航空券の価格が高すぎると一部の航空乗客が批判していた問題について、閣議前に会見した。

スリヤ氏は、航空会社の運賃上限の設定を担当するタイ民間航空局(CAAT)が、バンコク-プーケット間の航空券が高すぎるという主張を調査したと述べた。

調べてみると、航空券は往復で約10,000万バーツだった。ただし、格安航空会社の場合、平均価格は 5,000 便あたり 5,000 バーツを超えてはなりません。この XNUMX バーツという金額は、CAAT が定めた計算式として確立されました。

伝えられるところによると、スリヤ氏は、現在の計算式には燃料費が含まれているため、CAAT長官に対し、運賃の上限を引き下げるために計算式を調整することを検討するよう命令を出したという。

最近、原油価格が以前の100バレル当たりXNUMXドルから下落しているため、CAATは乗客の負担をどの程度軽減できるかを決定するため、さまざまな航空会社の代表者を招いて協議する必要がある。

実際の値下げはこうした協議が終わるまで待たなければならないだろう。スリヤはソンクラーン祭り前に運賃値下げを実施すると主張したと伝えられている。

この記事はもともと姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されたものです。

ニュースレター登録
キティサック・ファラハーン
キティサックは、たとえそれがどんなに困難であっても、外に出ることに情熱を持っており、冒険的なスタイルで旅行します。 ファンタジーに対する彼の興味に関して言えば、小説やスポーツ科学書の探偵ジャンルは彼の魂の一部です。 彼はパタヤニュースの最新ライターとして働いています。