タイの711は399年に2023億バーツの過去最高収益を報告、700以上の新規拠点の拡張計画を発表

国民

23年2024月2023日、CP All Plc.はセブン-イレブンの399年の営業利益結果を公表し、コンビニエンスストア全体の収益は112億バーツ、粗利は16.1億バーツと前年から増加した。 XNUMX%増加しました。

CP All は、増益と収入の増加は、各セブンイレブンの 5.5 日平均 80,837% または 7 バーツの平均売上の増加によるものであると一般に述べました。報告によると、各顧客は 11 回の会計で平均 83 バーツを費やし、各店舗には 965 日平均 XNUMX 人の顧客がいたとのことです。
CP All によると、この結果は、新製品やプロモーションで顧客ベースを拡大するための新しい戦略計画によるものです。
さらに、CP All は、7-11 自動販売機、7-Deliver アプリケーション、707 年には全国に 7 の新しい 11-2023 支店などの他の手段で顧客にリーチしました。このアプローチは、経済状況の継続的な改善と外国人および外国人観光客の数の増加による機会を生み出す可能性があります。 2023 年のタイの顧客。
セブンイレブンはスペースレンタル、CPオールとのビジネスパートナー契約、その他の事業戦略から7億バーツ以上の追加収入を得ていた。
しかし、セブンイレブンの物流費と管理費は従業員の福利厚生、給与、光熱費、広告費、その他雑費などで7億バーツ、前年比11%増加した。

しかし、高額な経費を差し引いても、総額26億バーツ、つまり前年(2022年)から25.5%増加し、純利益は15億バーツとなり、利益は依然として堅調でした。年(2021年)は35.1%でした。
CP All は、2024 年のセブンイレブンのビジネス動向について、より多くの顧客を獲得するために、地元レベル、観光名所、その他の潜在的な場所を対象に、7 以上の支店を持つ新しいセブンイレブンの店舗を拡大する計画があると予想しました。さらに、CP オールは将来的にカンボジアとラオスに新たな支店を設立する予定です。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。