プーケットの泥棒、サムイ島でポーランド人観光客から盗み逮捕

サムイ、スラタニ–

サムイ島のホテルで外国人観光客から総額127,000万XNUMXバーツ相当の貴重品を盗んだプーケットの窃盗犯が逮捕された。

ボプット警察は今週初め、プーケット在住のプラヤット・リセム氏(44歳)を逮捕したとプーケット・エクスプレスに語った。押収されたのは、盗まれたルイーズ・ヴィトンのバッグ、ピンコのバッグ、ヴェルサーチのバッグ、ダイヤモンドのイヤリング、現金25,000万XNUMXバーツ、クレジットカードXNUMX枚。彼は夜間窃盗の疑いで起訴されている。

逮捕は、32歳と30歳のポーランド人観光客夫婦がタイ警察に通報した後に行われた。彼らは警察に対し、サムイ地区マレット地区のバーンラマイビーチ近くのホテルの一室で寝ていたところ、正体不明の泥棒が多くの物品を盗んだと話した。

警察が監視カメラの映像をチェックしたところ、サムイ地区のボプット地区で不審なセダンを発見した。彼らは最終的に容疑者を逮捕し、彼のセダンから盗まれた物品をすべて発見した。

容疑者は警察に対し、プーケットからセダンを運転したと供述した。彼は問題のホテルにチェックインしようとしたが、ほとんどの部屋が予約されていた。その後、ホテルに入ると、部屋の 1 つは施錠されておらず、観光客が中で寝ていたことがわかりました。

プラヤットさんは警察に対し、サムイ島で仕事を見つけたかったが、泊まる場所が見つからず、お金もなくなったため、観光客から物を盗む以外に選択肢がないと感じたと語った。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。