スレッタ首相、観光活性化を目指し南部州歴訪開始

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相は主要閣僚とともに、タイ南部地域の観光促進を目的として、27月29日からXNUMX日にかけて南部パタニ県、ヤラー県、ナラティワート県への視察を開始した。

首相にはスリヤ・ジュンルンランキット運輸大臣、スダワン・ワンスパキコソル観光・スポーツ大臣、ポル・コル・タウィー・ソドソン法務大臣、セルムサック・フォンパニット文化大臣、クリアン・カンティナン内務副大臣が出席した。

スレッタさんの一日は、午後2.30時XNUMX分のパタニ市柱神社の訪問から始まり、そこで彼と彼の代表団は地元で生産された緑色のパタニ生地で作られたシャツを着て、敬意を表し、彼らの使命に対する祝福を求めました。その後、一行はパッターニーの重要な歴史的・文化的遺跡であるクルー・セ・モスクを訪問しました。

訪問中、首相は真鍮細工を含む地元の工芸品の保存への支持を表明し、これらの技術を次世代に継承することを奨励した。同氏は文化省に対し、宣伝が不足しているパタニの数多くの地元産品を紹介する博物館の設立への支援を検討するよう命じた。

スレッタ氏はまた、地元の起業家や女性グループのハラール食品を試食し、タイを世界的なハラールハブとして推進し、国民の収入を増やすことに強い関心を示した。首相はその後、地元コミュニティとの協力を象徴する伝統的な帽子をかぶったり、ろうけつ染めに参加したりするなどの文化活動に取り組んだ。

訪問は、バン クン ピタク ラヤ、文化市場、レン チュー キアン神社、パタニ ASEAN 観光フェスティバルなどのパタニの観光名所のツアーで終了しました。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。