政府、子供の溺死を防ぐために警戒を勧告

プレスリリース:

政府は、予期せぬ事故や致命的な溺死を引き起こす可能性があるため、子供たちに監視なしで水域にアクセスさせないよう親や保護者に警告している。

カロム・フォンフォンクラン政府副報道官は、多くの学校が学期末に近づいており、自宅にいる子供たちが学校に通っているときと同じ監督下にないのではないかという懸念があることを明らかにした。これにより、子供たちが自然の水域で遊ぶようお互いに誘い合うことになり、そこで滑ったり、落ちたり、溺れたりする危険があります。

カロム氏は親や保護者に対し、子供たちを厳しく監督するようアドバイスし、たとえそれが家の近くの馴染みのある場所であっても、子供たちが監督なしで水遊びを許されるべきではないと強調した。

同氏は、親が子供たちを水域近くの職場に連れて行く場合、子供たちがすぐに手の届くところにいることを確認する必要があると付け加えた。政府副報道官はまた、この問題に対処し、危険な水域を監視し、警告標識を設置し、緊急用に地元で入手可能な浮揚装置を提供するなど、地域社会の協力を呼び掛けた。

さらに、水域や海のある観光地には監視員を常時配置すべきだと述べた。

カロム氏は、幼児と年長児の溺死の予防策について次のように説明した。 5 歳未満の幼児の場合、滑って落ちてしまう可能性があるため、水域から遠ざけることが推奨される。落ちた物を拾ってはいけない。自分で水に入る場合もありますが、大人に助けを求め、水源、水たまり、バケツをかがんだり覗き込んだりすることは避けてください。頭から落ちてしまう可能性があります。

年長児の場合は、監督なしで水遊びを禁止することに重点が置かれます。誰かが水に落ちているのを発見した場合、助けに飛び込むべきではありません。苦しんでいる人に圧倒され、両方が溺れる可能性があるためです。代わりに、大声で助けを求め、救急医療チーム(1669)に電話するか、最寄りの病院に連絡する必要があります。

また、水中にいる人が浮くのを助けるために近くにある物を投げたり、人が掴んで安全な場所まで引っ張れるように棒、ロープ、衣服などの物体を伸ばしたりする必要もあります。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

関連する最近の記事:

行方不明になっていた10代男性の遺体がサムイ島のビーチで発見された。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。