サムイ島で飲酒運転致死容疑で英国人男性をプーケット空港で拘束

スラートターニー–

当局から指名手配されていた英国人男性がプーケット国際空港で逮捕された。サムイ島で飲酒運転による死亡事故を起こした疑いが持たれている。

プーケット入国管理局は火曜日(5月XNUMX日)に逮捕を確認した。thこの事件では、身元不明の30歳男性英国人指名手配容疑者がプーケット国際空港の国際線到着ターミナルで拘留された。

同容疑者はバイクによる飲酒運転で死亡・損害を引き起こした疑いで逮捕状の対象となっている。彼はサムイ島のボプット警察署に移送された。

逮捕にもかかわらず、プーケット入国管理局は容疑者の名前を明らかにしておらず、特定の道路事件についての詳細も明らかにしていない。さらに、英国人男性はこの疑惑に関して声明を発表していない。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。