パトンの大麻店で不法就労の疑いでミャンマー人男を逮捕

パトン–

パトンで大麻店で働き、電子タバコを販売していた疑いでミャンマー人の男が逮捕された。

プーケット県警察はプーケットエクスプレスに対し、今週初めにプーケット県保健局から大麻店で外国人が働いているのが見つかったとの通報を受けたと語った。

警察はパトンのドラゴンマーケットにある正体不明の大麻店を立ち入り検査した。ミャンマー国籍のカウンさん(名字は公表されていない)(22)は、店内のカウンターで働いているのが発見された。彼は、規制ハーブ(大麻の芽)を販売するための法的文書やライセンス、あるいは合法的な労働許可証を提示することができなかった。同容疑者は警察に対し、同店でも電子タバコを販売したことを認めた。

彼はさらなる法的措置のためにパトン警察署に連行された。プーケット・エクスプレスは、外国人が店の前で販売員として働く場合、労働許可証やビザは取得できないことに注意することが重要だと付け加えた。

関連記事:

先週タイのメディアを席巻したスイス人駐在員による蹴り事件が話題となり、プーケットでは33人の外国人が逮捕された。

パトンの建設現場で不法就労していた中国人3人が逮捕された。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。