タイ民間航空局、ソンクラーン祭りに向けて追加便を運航

プレスリリース:

航空運賃の高騰に対処し、ソンクラーン祭り中の旅行体験を向上させるために、タイ民間航空局(CAAT)は38便の新規便の追加を発表した。

CAATのサルン・ベンジャニラット副局長が明らかにしたこの動きは、この繁忙期に旅行者を支援するための即時措置を求めるスリヤ・ジュンルンレアンキット運輸大臣の呼びかけに応えるものである。 12 月 104 日から、17,874 つの異なる航空会社がサポートするこれらのフライトは、合計 XNUMX 便​​の特別旅行に貢献し、ホリデー シーズンに XNUMX 席の追加座席を提供します。

11月12日から15日と16月12日から16日に計画されているこれらの追加便は、旅行者をプーケット、チェンマイ、サムイ、ウボンラチャタニ、ウドンタニ、コンケンなどの主要な地方空港に接続する予定です。このスケジュールは、ソンクラーン休暇を20月XNUMX日からXNUMX日までのXNUMX日間に延長するという政府の最近の決定と一致し、タイの新年を延長して祝うことができるようになった。旅行をよりアクセスしやすくするために、航空会社はこれらの特別便のチケットを最大 XNUMX% 割引で提供しています。これには、早朝や深夜などの一般的ではない時間帯のスロットが含まれる場合があります。

この取り組みは、タイ空港局 (AOT) とタイ航空無線局による共同の取り組みの成果です。 3 つの機関は、予想される旅客数の急増に対応し、スムーズな運営を確保するために、空港の営業時間の延長とスタッフの増員に取り組んでいます。

CAAT は、旅行者向けに、事前に旅行を計画し、さまざまな予約オプションを検討して最良の料金を見つけるためのガイダンスも発行しました。同当局は、旅行の調整や補償が必要な場合には航空会社と直接連絡を取ることが利点であるとして、航空会社のウェブサイトから直接航空券を購入することを推奨している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。