プーケットの大麻農場でロシア人男性が喉を切られて死亡、汚職の疑い

チャロン–

プーケットのシャロンにある大麻農場で、ロシア人男性が喉を切り裂かれ、争いと不正行為の痕跡があり死亡しているのが発見された。

シャロン警察のワラウット・センソープ少佐はプーケット・エクスプレスに対し、水曜日(34月12日)の正午過ぎ、レンタカー経営者のブリン氏(30歳)とのみ特定されるタイ人男性から通報を受けたと語った。th)恐ろしい発見について。

ブリンさんはシャロン警察に対し、当局が身元を公表していないロシア人女性から連絡を受けたと語った。ビュリンさんからセダンを借りたロシア人男性が恋人で、2日間連絡が取れなくなっているという。彼女はビュリン氏に、GPSナビゲーターで車を追跡するよう頼んだ。

ブリンさんとロシア人女性は、GPSの助けを借りて、シャロン州ソイサイナムイェンの丘の上にある2階建ての家の近くに、問題の白いレンタルセダンが駐車されているのを発見した。セダンの鍵は屋外のセダン近くの地面で発見された。問題の家は施錠されており、シャロン警察が大麻農場としている場所に合法的に立ち入るためにプーケットの警察が出動した。

ファーストネームのみで特定されたロシア国籍のアルトゥールさん(42)の遺体が家の床で発見され、大量の血を流して死亡した。首や体には多数の傷が見つかった。警察は、遺体が発見される少なくとも12時間前に死亡したとみている。遺体の近くには争った形跡が見つかり、大麻の木も損傷していた。

ARTUR氏は28月XNUMX日にタイに入国していたth プーケット移民局によると、プーケットに居住住所が登録されているロシア国民には、今年(2024年)の特別な90日間の観光ビザが発給されるという。彼のビザは26月XNUMX日に期限切れになる予定だった、とワラウット少佐はプーケット・エクスプレスに語った。

ARTUR氏が遺体で発見された家は、身元不明のタイ人女性が外国人のボーイフレンドのために借りていたと伝えられているが、彼の国籍と名前はワラウット少佐によってすぐには明らかにされなかった。健康への懸念から身元を明かさないように求めた近隣住民らは、多くの外国人が大麻を購入したり喫煙したりするためにこの家を訪れた疑いがあるとシャロン警察に語った。警察は現在、外国人容疑者としてのみ伝えられている人物の捜索を行っている。

この展開に関するさらなる詳細は、警察によって明らかにされ次第、公開される可能性があります。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。