政府が2025年を観光にとって画期的な年にする計画を発表

プレスリリース:

政府は2025年を観光業にとって画期的な年にする計画を発表し、タイを一連の文化イベント、コンサート、フェスティバル、国際モーターレースシリーズなどで最高の目的地として位置づけることを目指している。

「タイを活性化:観光」戦略に関する最近のブレーンストーミングセッションで、スレッタ・タビシン首相は、観光やデジタル経済を含む8つの分野にわたる世界的なハブになるというタイの野心を強調した。

首相は、主要な取り組みとして、複数の国からの訪問者に対する一時ビザ免除と中国との相互ビザ免除協定の導入を挙げ、観光体験の向上に向けた政府の取り組みを強調した。海外からの観光客のアクセスを簡素化することを目的として、ヨーロッパのシェンゲン圏諸国とのビザなし旅行取り決めを確保する取り組みも進められている。

予想される観光客の流入に対応するため、政府はインフラ整備と入国管理システムのアップグレードに重点を置いている。スレッタ氏は、ドイツとフランスへの旅行中にフォーミュラE幹部と話し合ったことがきっかけで、タイでの電気自動車レース選手権開催への関心が高まり、チェンマイ県が潜在的な開催地として検討されていると述べた。

さらに、中央政府はタイの文化遺産を活用し、大手小売事業者との提携を通じて地元の製品や工芸品を促進しています。 「タイネス・ステーション:タイの製品がタイのコミュニティを統合する」と名付けられたこの取り組みは、ショッピングモールや空港でタイの伝統的な手工芸品を展示し、地元コミュニティの取り組みの認知度を高めることを目的としている。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

ニュースレター登録
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。