プーケットのウィチットでロシア人売春婦容疑者を逮捕

ウィチット–

月曜日(18月XNUMX日)、ロシア人売春婦容疑者がウィチットで逮捕されたth)おとり捜査の後、今月4人目のロシア人女性が売春容疑で逮捕された。

ウィチット警察はプーケット・エクスプレスに対し、ウィチットのホテルでロシア国籍のマリーナさん(22)とのみ特定される容疑者を逮捕したと語った。この逮捕は、ロシア人売春婦がプーケットで違法に働いているという情報を懸念した国民から受け取ったため、警察がおとり捜査を行った後に行われた。

ロシア人女性は非公開のオンラインプラットフォームで宣伝された。彼女は覆面警官へのサービス料に同意し、正体不明のホテルに予約を入れ、最終的に逮捕された。

彼女はパトン警察署に連行され、売春と売春の宣伝、さらには不法就労の罪で起訴された。ロシア人女性は90日間の観光ビザを持っている。彼女のビザは今年のXNUMX月に期限が切れる。

関連記事:

パトンでおとり捜査の末、ロシア人売春婦容疑者2人が逮捕された。

パトンでは別のロシア人売春婦容疑者がおとり捜査の後に逮捕され、約1週間で3人目となった。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。