プーケットのカラオケ襲撃で未成年者の性的搾取疑惑が発覚

プーケット-

人身売買対策局(ATPD)は先週末、プーケット市ラサダ地区のカラオケ店を強制捜査し、そこで商業的に性的搾取されていた13歳と14歳の子供を発見したと伝えられている。

ATPDは土曜日(30月XNUMX日)、プーケットエクスプレスに次のように語った。th)18歳未満の児童が商業目的で性的搾取されているという予想屋からの苦情を受けて、彼らはカラオケ店を強制捜査した。カラオケ店の名前は関係当局によって公表されていない。

ATPD 職員はおとり捜査を実施し、カラオケのオーナーは 3,000 歳の子供に対する性的搾取行為として 13 バーツ、カラオケのオーナーには 400 バーツの手数料を提示したとされる。オーナーのサパワン・プルさん(39)は即時逮捕された。

当局はまた、14歳の女子児童がカラオケで成人男性と一緒に酒を飲んでいた疑いがあることも発見した。 (両方の未成年者の名前は、保護のため、またタイの法律に​​より伏せられていました)。サパワンさんは警察に対し、児童の性的搾取から利益を得たことを認め、さらなる法的手続きのために警察署に連行されたとされる。

ATPDによると、児童性的虐待の被害者は特別サービス機関に連れて行かれ、支援が提供されるという。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。