ソンクラーン期間中に予想される旅行者の急増に向けて国際空港が準備を整える

プレスリリース:

タイではソンクラーン祭りの準備を進める中、国際空港は予想される旅行者の急増に備えて準備を進めている。運輸省は乗客数が28.50%増加し、約2.61万人がこれらの空港を利用すると予測している。海外旅行者も46%増の1.65万人、国内旅行者は6.59%増の約962,362万XNUMX人に達すると予想されている。

フェスティバル期間中は、国際線が15,113便、国内線が16.71便、計8,682便(昨年比6,431%増)のフライトが予定されている。スワンナプーム空港やドンムアン空港などの主要ハブ空港は、予想される乗客数に対応するために広範な準備を行っています。

交通量が多い中での旅行体験を向上させるために、さまざまな取り組みが実施されています。これには、特定のエリアでの無料駐車場の提供や、チェックインと手荷物の処理を迅速化するためのセルフサービスキオスクの使用の促進などが含まれます。タイ空港局(AOT)は、すべてがスムーズかつ安全に行われるよう、業務を注意深く監視していると述べた。

タイ国鉄もソンクラーン期間中に予想される高い需要に応えるためにチケット予約システムを変更し、事前予約の期間を延長した。運輸省はこれらの措置を通じて、すべての旅行者の安全と利便性を優先しながら、旅行活動の増加を円滑に管理できると自信を表明している。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。