首相、サムイ島でインフラ整備を中心に視察を実施

プレスリリース:

スレッタ・タビシン首相は本日(7月XNUMX日)、主要な政府高官とともにスラートターニーのサムイ島でインフラ整備と現地の課題への取り組みに焦点を当てた視察旅行を実施した。訪問の目玉は、レムヒンコムで進行中の大規模クルーズターミナル建設の視察で、観光の促進と大型クルーズ船の受け入れが期待され、島の接続性と経済見通しの強化が期待されている。

首相は、地元のインフラを強化する動きとして、サムイ島、タオ島、パンガン島へのアクセスをさらに改善するために水上飛行機空港の追加を提案し、これらのプロジェクトを現実にするための包括的な支援を約束した。これらの開発は、島の住民への変革的な贈り物として機能し、観光を促進し、新たな経済機会を提供すると期待されています。

視察では、年間最大180,000万人の訪問者を迎えることができるように設計された施設を備えたクルーズターミナルが観光客の到着を増加させる可能性があることが浮き彫りになった。この野心的なプロジェクトはサムイ島の観光景観を再定義するもので、8.5年間で30億バーツ以上の収益が見込まれ、島の発展における大きなマイルストーンとなる。

もう一つの重大な懸念に対処するため、スレッタ氏は、150,000万トンの未処理廃棄物の処理という差し迫った課題に焦点を当て、この地域の廃棄物管理問題に関する現地ディスカッションの議長を務めた。首相は、地元の廃棄物管理施設の能力を強化する計画を掲げ、観光客の増加に伴う島の増大する廃棄物管理ニーズに対処するため、持続可能な環境実践への取り組みを表明した。

スレッタさんは以前、時間をかけてチャイナロン・トンスク氏が管理するドリアン農場を訪問した。この訪問は、島の農業分野の回復力と持続可能性を高めることを目的として、農業の進歩と地元農民への支援ネットワークの強化に焦点を当てました。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。