100万バーツ以上の電子機器窃盗容疑で指名手配容疑者2人をプーケットで逮捕

プーケット-

ペッチャブリーの指名手配容疑者が、40万バーツ相当の携帯電話とタブレットXNUMX台以上を盗んだ疑いでプーケットで逮捕された。

地域8警察は日曜日(7月XNUMX日)プーケットエクスプレスに語った。th)ペッチャブリー警察から、夜間窃盗容疑でペッチャブリー県裁判所が発行した逮捕状の容疑者がプーケットに逃亡したとの通知を受けたとのこと。

警察はプーケット市ラッサダのテスコ・ロータス内の電話ショップで、プラチュワップ・キリ・カーン在住のマンリカ・チュムラクサさん(26)とラーチャブリー在住のアー・リー・パッタラチョッチャイさん(27)を逮捕した。

マンリカさんはペッチャブリーで携帯電話やタブレットを盗んだとされている。その後、彼女はプーケットの電話店でそれらのアイテムのうち 45 個 (XNUMX 万バーツ相当) を販売しました。伝えられるところによると、マンリカさんは警察に対し、過去の借金を支払うためにお金が必要だったと認めたという。両容疑者はさらなる法的措置のためペッチャブリーに連れ戻される予定だ。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。