プーケット、「ソンクラーン7日間の交通安全キャンペーン」で死者1名のみでソンクラーンを終える

プーケット-

プーケットは、49日間で交通事故48件、負傷者11人、合計XNUMX人が死亡したと発表した(XNUMX月XNUMX日)th、2024年から17年2024月2024日まで)の「ソンクラーン交通安全キャンペーンXNUMX」。

プーケット防災・減災局(DDPM)事務所は木曜日(18月20日)、19日間以内に詳細をプーケットエクスプレスに伝えた。ムアン・プーケット地区では合計12件の交通事故があり、12人が負傷し、タラン地区では17件の事故があり、17人が負傷し、カトゥー地区(パトンの本拠地)ではXNUMX件の事故があり、XNUMX人が負傷した。

ムアン・プーケット地区では1人の死亡が記録された。 17月XNUMX日水曜朝、カロンでバイク事故が発生し、飲酒したロシア人ライダーが現場で死亡が確認され、ロシア人乗客の妻も負傷した。th)これは、ソンクラーン7日間の交通安全キャンペーンで初めての死亡者を記録した。

48日間で合計28件の負傷者が発生し、そのうち20人がタイ人、29人がその他の国籍であった。負傷者のほとんどはXNUMX歳からXNUMX歳の人々でした。バイクが関係した事故はXNUMX件だった。負傷者のうちXNUMX人はヘルメットを着用していなかった。そのうちXNUMX件の事故は飲酒運転によるものだった。

タイ、「ソンクラーン287日間の交通安全キャンペーン」で合計XNUMX人の死亡を発表

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。