ドンムアン空港が世界の格安航空会社ターミナルのトップ10に選ばれる

プレスリリース:

ドンムアン国際空港は、世界の格安航空ターミナル トップ 10 の XNUMX つとして認められ、航空会社と空港のレビューを専門とする英国に本拠を置くコンサルティング会社による最新ランキングで XNUMX 位を確保しました。同社の世界空港調査では、特に格安航空会社向けのターミナルについて、設計、輸送、設備、サービス品質などのさまざまな側面を評価しています。

このランキングではフランスのパリ・シャルル・ド・ゴール空港の第3ターミナルがトップとなり、日本の成田国際空港の第3ターミナルと名古屋の中部国際空港の第2ターミナルがそれぞれXNUMX位とXNUMX位となった。ドンムアン空港は主に国内線が就航しており、バンコクの第二の空港であり、最近の旅客サービスと技術の向上で知られています。

ドンムアン空港とスワンナプーム空港を含む他の5つの主要空港を統括するタイ空港局(AOT)のキラティ・キトマナワット所長は、同施設の共用セルフサービスやセルフ手荷物預け入れなどの新しいシステムによりチェックが合理化されたと述べた。現在進行中で、待ち時間が短縮され、乗客の移動が簡素化されます。

この発表は、ドイツのフランクフルトで開催された旅客ターミナルエキスポでのスカイトラックスによる広範な発表の一環であり、そこでは100年の世界最高の空港2024社が発表されました。カタールのハマド国際空港がリストのトップとなり、シンガポールのチャンギ空港、ソウル仁川空港が続いた。スワンナプーム空港は昨年より 58 ランク上昇し、世界第 XNUMX 位にランクされました。

上記はタイ政府広報部からのプレスリリースです。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。