プーケットタウンでバイクのタクシー運転手が別の乗客を刺し自首

タイ、プーケット–

プーケットタウンで起きた最近の事件では、タクシーのバイクの乗客が、客との口論中に別のタクシーの乗客に怪我を負わせたとして地元当局に出頭した。事件は21月1日日曜日、タラド・ヤイ地区のラノーン通りにある生鮮市場XNUMX(バーンサン市場)付近で発生した。

事件当日、救急隊員が迅速に現場に到着し、胸と腹部に刺し傷を負った被害者を発見した。被害者はタクシーのバイクに乗っていた65歳のティワさんとのみ特定された。大量の出血があり、すぐに近くの病院に運ばれ、治療を受けた。容疑者はバイクタクシーの運転手ジャンフォン氏(65)とのみ特定されており、すでに現場から逃走していた。

その後、ジャンフォンさんは刺殺に使用されたとされるナイフを持参して警察に自首した。取り調べに対し、タクシーのバイク屋を経営していると説明した。事件当日、忠実な顧客が到着したが、ジャンフォン氏は屋台にいなかった。ティワ氏は顧客に近づきましたが、顧客は同行を拒否し、ジャンフォン氏が別の顧客の送迎から戻るのを待つことにしました。

前の客を送り届けた後、タクシー乗り場に戻ったジャンフォンさんはティワさんに遭遇し、木の棒で殴られた。ジャンフォンさんは身を守ろうとナイフを使用した。監視カメラの映像は、正当防衛で行動したというジャンフォン氏の説明を裏付けた。

プーケット市警察はこの事件をさらに捜査しており、双方の立場を考慮して適切な法的措置を決定している。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。