外国人乗客がプーケットのトゥクトゥクタクシー運転手を襲撃

プーケット-

プーケットで外国人乗客がトゥクトゥクの運転手に暴行を加え、タクシー料金の支払いを巡る意見の相違が暴動に発展した。この口論はビデオに撮られ、ソーシャルメディアで広く拡散したが、パトンからカロンまでの途中で支払われた金額をめぐる争いの後に起こった。

26月400日金曜日に起きたこの事件は、両者が運賃1,000バーツで合意したことから始まった。しかし、目的地に到着すると、身元不明の外国人乗客が、運賃として予定されていた100バーツ紙幣ではなく、誤ってXNUMXバーツ紙幣を渡したと主張し、両替を要求した。運転手はこの主張に異議を唱え、地元の警察署で問題を解決するよう示唆した。

同乗者が運転手の顔を平手打ちしたり首を掴んだりするなど、暴力行為に及んだことで状況はさらに悪化した。 29月XNUMX日月曜日の夜にFacebookユーザーが投稿したこのビデオは、事件の余波についての詳しい説明はなく突然終了した。

地元当局はまだ声明を発表しておらず、トゥクトゥク運転手の現在の容態は不明である。外国人乗客の名前や国籍も不明。

プーケット警察から入手可能になった場合は、さらなる最新情報が提供されます。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。